MHPSエンジニアリング株式会社 長崎事業部 公式サイト

MHPSエンジニアリング株式会社

グローバルで戦い続けるMHPSグループ、エンジ長崎事業部はその一員として将来を見つめ果敢に挑戦しています。

ごあいさつ

一ノ瀬事業部長

長崎事業部は、1967年(S42年)に火力発電用ボイラ/タービン設計業務の一翼を担う「㈲長菱設計工務所」から始まり、その後今日まで三菱重工(MHI)および三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の主製品のエンジニアリング業務を中心的立場で担ってきました。50年を超える歴史の中で多数のエンジニアを輩出し、国内に限らず全世界に高付加価値のエネルギ・環境製品を送り出し、社会に貢献してきました。
今後のエネルギ源展開に関しては、火力・自然・原子力の最適配分(エネルギミックス)が重要と考えており、長崎事業部が関わる製品は、火力プラント(ガス、油、固体燃料)および再生可能エネルギ(風力、地熱、バイオマス等)、原子力プラントと全部のエネルギ・環境製品を網羅しています。業務内容も設計、サービスを中心に製品バリューチェーンのほぼ全域に及んでおり、高品質の製品を生み出しています。

長崎事業部は、これからもMHPSグループの一員としてグループ全体を考え、日々邁進する組織でなければならないと考えています。MHI/MHPSグループの国内外全ての拠点と連携して、また社員全員が力を合せ世界中のお客様の要望に応えていきます。

取締役常務執行役員 長崎事業部長 一ノ瀬  利光

長崎事業部の概要

名称 MHPSエンジニアリング㈱ 長崎事業部
所在地 〒852-8003
長崎市飽の浦町1番1号 MHPS長崎工場内 第6ビル2F
創立 1967年(昭和42年)5月1日
年間売上 57億円(2017年度実績)
従業員数 404名(2018年4月現在)

長崎事業部の変遷

MHPSエンジニアリング株式会社 長崎事業部 沿革

QMS活動の方針体系

MHPSエンジニアリング株式会社 長崎事業部 QMS活動の方針体系

当社のQMS(品質管理)活動は、企業理念として社是を原点に社マネジメント方針、行動規範、社活動方針を掲げ、これらに基いて活動を継続・展開しています。

業務の範囲

MHPSエンジニアリング株式会社長崎事業部_業務範囲

製品

バリューチェーンの中で、長崎事業部はQ(品質)、C(コスト)、D(納期)の点で他に最も影響を及ぼす「設計」をメインに担当しています。その他の業務にも幅広く係わっており高品質の製品を提供することに拘っています。

MHPSエンジニアリング株式会社

旭町地区

〒852-8003 長崎市旭町6番1号タワーシティ長崎タワーコート2F
TEL:095-861-1714 FAX:095-861-5124

立神地区

〒852-8003 長崎市飽の浦町1番1号MHPS長崎工場内 立神控所
TEL:095-861-1714 FAX:095-861-5124

岩瀬道地区

〒852-8003 長崎市飽の浦町1番1号MHPS長崎工場内 第6ビル
TEL:095-861-1714  FAX:095-861-5124

PAGETOP
Translate »